断熱材の吹付が終わると、工事は気密シート、壁・天井下地、床と室内の仕上げに移っていく。

気密シートの施工
壁・天井の断熱材に室内で発生した水蒸気が侵入しないように、気密シートで覆う。
壁や天井面は配線や配管が施工されているので、気密を保つには大工さんの緻密な施工が欠かせない。
1月19日 勝井工務店より報告
20180119-2

シートの継ぎ目や配管との取り合いは、気密テープで保護する。
1月19日 勝井工務店より報告
20180119

この日はユニットバスの施工も行われた。
1月19日 和光製作所より報告
20180119-4

収納が多くデザイン性に高いスピリチュアルモードのユニットバス
1月19日 和光製作所より報告
20180119-3


1月20日も引き続き、気密シートの施工
1月20日 勝井工務店より報告
20180120-2

天井を吊る野縁は、断熱材の吹付前に施工しておく。
1月20日 勝井工務店より報告
20180120



logo